こうがんきたる

The moon and the wild geese

 

雁たちは、はるばる海を超えてやってきます。

自由でたくましい姿がうらやましくもあり。

 

私なりの月と雁 

二十四節気・・寒露

七十二候・・鴻雁来(こうがんきたる)10/8〜12頃

 

 朝晩の冷え込みが感じられ秋が深まる頃。

ツバメが南に帰り、雁がシベリアなどから海を超えて渡って来ます。

 

 背景には、アクリル絵具のグラファイトという色を塗っています。 

鉛筆の芯みたいな色。

だから雁も黒だけど見え方が全然違うのです。

 

満月には、一部に天然岩絵具(桃廉石)を使用。

花鳥風月には、なるべく自然が作り出した画材を取り入れたくて。

 

そのままだとマット感が強いので、つやだしニスを月に厚塗り。

不思議な立体感が生まれました。

 

毎年、長い旅をしてやってくる渡り鳥たち。

過酷だけれど自由。

 

新しい日常の中

「見えないけれど つながっている」

「会えないからこそ いとおしい」として

神羅万象・花鳥風月・四元素(五元素)・二十四節気など

日本をテーマに作品を作っています。

 

この絵の中にも、繋がりを。

 

 

制作年:2020年

サイン:裏面にあり

技法:キャンバスにアクリル絵具、一部に岩絵具、ボールペン

作品サイズ:S3(W273×H273mm)

 

 

キャンバス作品ですので、そのまま飾っていただくこともできますが

信頼している額装屋さんと相談しながら、

この絵にぴったりのオリジナル額をオーダー制作します。

(最後の2点の写真は、額装のイメージです)

 

 

額仕様:アクリル板入りボックス型の木製額

お届け期間:約4〜5週間

 

※額装やサイズイメージは写真を参考にしてください。

 ※額のフレーム色のご希望などありましたら、備考欄に記入をお願いします。

 

※クロネコヤマト宅急便でお送りします。

 

※額装「なし」か「あり」かを必ず選んでください。

 

¥200,000

  • 残り1点です
  • お届け日数:1〜2ヶ月