きじはじめてなく

The pheasant cries for spring

 

美しい色を重ねていきたい。

そうして待ち遠しい日々に向けて高らかに鳴こう。

 

二十四節気・・小寒

七十二候・・雉始雊(きじはじめてなく)

 

 

日本の国鳥、雉。

オスは目の周りに赤い肉腫、そしてブルーやグリーンの美しい羽を持っています。

 

背景は、下地にピンクを塗りその上からシルバー、

さらに薄いピンクラメを重ねて、待ち遠しい春を表現。

 

光の当たり方や角度で色が違って見えるのがきれいです。

 

雲には、アクリル絵の具を点描で重ねて柔らかな厚みを。

雉は、ケーンケーンと高らかに鳴いています。

 

新しい日常の中

「みえないけれど つながっている」

「あえないからこそ いとおしい」として

神羅万象・花鳥風月・四元素(五元素)・二十四節気など

日本をテーマに作品を作っています。

 

この絵の中にも、繋がりを。

 

 

制作年:2021年

サイン:裏面にあり

技法:キャンバスにアクリル絵具、一部にボールペンなど

作品サイズ:F0(W180×H140mm)

 

 

キャンバス作品ですので、そのまま飾っていただくこともできますが

信頼している額装屋さんと相談しながら、

この絵にぴったりのオリジナル額をオーダー制作します。

(最後の3点の写真は、額装のイメージです)

 

 

額仕様:アクリル板入りボックス型の木製額

お届け期間:約3〜5週間

 

※額装やサイズイメージは写真を参考にしてください。

 ※額のフレーム色のご希望などありましたら、備考欄に記入をお願いします。

 

※クロネコヤマト宅急便でお送りします。

 

※額装「なし」か「あり」かを必ず選んでください。

 

¥160,000

  • SOLD OUT