てんちはじめてさむし

 

行き合いの空。

 

二十四節気で処暑

七十二候で天地始粛(てんちはじめてさむし)8/28〜9/1頃

 

空を見上げると、夏の雲と秋の雲が入り混じっているのが、この季節。

空も雲も大地もトンボも、そしてあなたも溶け合う。

 

描いたのは、秋の雲、夏の雲、オニヤンマ、

次の七十二候の禾乃登(こくものすなわちみのる)の稲穂のイメージも取り入れました。

 

新しい日常の中

「見えないけれど つながっている」

「会えないからこそ いとおしい」

をテーマに作品を作っています。

 

この絵の中にも、繋がりを。

 

 

制作年:2020年

サイン:裏面にあり

技法:キャンバスにアクリル絵具、一部にボールペン、クレヨン

作品サイズ:F4(W332×H242mm)

 

 

キャンバス作品ですので、そのまま飾っていただくこともできますが

信頼している額装屋さんと相談しながら、

この絵にぴったりのオリジナル額をオーダー制作します。

(最後の2点の写真は、額装のイメージです)

 

 

額仕様:アクリル板入りボックス型の木製額

お届け期間:約3〜4週間

 

※額装やサイズイメージは写真を参考にしてください。

 ※額のフレーム色のご希望などありましたら、備考欄に記入をお願いします。

 

※クロネコヤマト宅急便でお送りします。(10/10まで送料無料)

 

 ※額装「なし」か「あり」かを必ず選んでください。

 

¥220,000

  • 残り1点です
  • お届け日数:3〜4週間